詳細検索はこちら

大谷 智子Ohtani Tomokoオオタニ トモコ

所属部署名芸術情報センター
職名助教
Last Updated :2017/10/20

研究者情報

教員基本情報

    所属

    芸術情報センター

    職名

    助教

取得学位

  • 修士(人間科学), 聖心女子大学
  • 博士(心理学), 聖心女子大学

職歴等

  • 2004.8~2009.3 東京大学大学院情報学環 コンテンツ創造科産学連携プログラム 特任助教
  • 2009.4~2009.7 東京大学大学院情報学環 コンテンツ創造学科教育研究コア 特任助教
  • 2009.8~2012.3 東京大学インテリジェント・モデリング・ラボラトリー 特任研究員
  • 2013.4~2015.3 東北大学 電気通信研究所 助教
  • 2013.6~2014.3 東京大学大学院情報理工学系研究科 客員研究員
  • 2014.3~ 明治大学研究・知財戦略機構 客員研究員
  • 2015.4~ 東北大学電気通信研究所 共同プロジェクト研究員
  • 2015.4~ 東京藝術大学芸術情報センター 助教

資格免許

  • 高等学校教諭第一種免許状 公民
  • 中学校教諭第一種免許状 社会
  • 日本心理学会認定心理士

研究活動

研究のキーワード

  • 錯視ブロック  臨場感・迫真性 評価実験  ワークショップ  グループワーク  マルチモーダル知覚

研究業績(創作活動等)

  • 2017.7~2017.7 その他 新しい錯視パターンを作ってみよう(ワークショップ)
  • 2017.7~2017.7 その他 つくる さがす みつける 錯覚の不思議(ワークショップ)
  • 2016.7~2016.8 その他 「みる・きく・さわるのさっかく展」展示

研究業績(著書、発表論文等)

  • 2010.3 著書 Digital Public Art Project 空気の港〜テクノロジー×空気で感じる新しい世界〜
    ISBN:4568103835 共編
    廣瀬通孝,相澤清晴,苗村健,谷川智洋,飯田誠,鈴木康広,西村邦裕,山﨑俊彦,大谷智子,橋田朋子,上條桂子 美術出版社
  • 2003 論文 見落とし現象における表象と注意―非注意による見落としと変化の見落とし―
    共著
    横澤一彦,大谷智子 心理学評論
    46巻 p.482-500
  • 2006 論文 色誘導の空間的波及効果に関する一実験―視覚的注意の空間的波及効果を考慮して―
    単著
    大谷智子 日本色彩学会誌
    30巻 p.135-145
  • 2010 論文 ブロック立体デザインにおける錯視パターンの使用 -構造とテクスチャの相互作用の再認識-
    共著
    大谷智子,渡邊淳司,丸谷和史 認知科学学会誌
    17巻 p.580-588
  • 2012 論文 筆記音のフィードバックが筆記作業に及ぼす影響の検討
    共著
    金ジョンヒョン,橋田朋子,大谷智子,苗村健 日本バーチャルリアリティ学会論文誌
    17巻 3号 p.289-292
  • 2015 論文 多感覚情報の同期ずれが体験中の高次感性知覚に与える影響
    共著
    柳生寛幸, 崔正烈, 坂本修一, 大谷智子, 鈴木陽一, 行場次朗 日本バーチャルリアリティ学会論文誌 日本バーチャルリアリティ学会
    20巻 3号 p.199-208

受賞

  • 2017.9 錯視ブロックワークショップ 第11回キッズデザイン賞「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン」クリエイティブ部門優秀賞(経済産業大臣賞)

学会発表

  • 2001, 8 "Effects of eccentricity and Figure-inside on binocular rivalry",Tomoko Ohtani, Kazuhiko Yokosawa, Mutsumi Suganuma, and Takashi Hasegawa 24th European Conference on Visual Perception (ECVP2001) トルコ
  • 2011, 8 "Comparison of front touch and back touch while using transparent double-sided touch display",Tomoko Ohtani, Tomoko Hashida, Yasuaki Kakehi, and Takeshi Naemura ACM SIGGRAPH 2011 カナダ,バンクーバー
  • 2012, 3 "Effects of Auditory Feedback for Augmenting the Act of Writing",Junghyun Kim, Tomoko Hashida, Tomoko Ohtani, and Takeshi Naemur the 3rd Augmented Human International Conference (AH'12)
  • 2013 "Navilog: A Museum Guide and Location Logging System Based on Image Recognition", Souichiro Kawamura, Tomoko Ohtani, and Kiyoharu Aizawa 19th International Conference on Multimedia Modeling[MMM2013]
  • 2014 "The contribution of the detailed parts around talker's mouse for speech intelligibility", Shuichi Sakamoto, Gen Hasegawa, Toru Abe, Tomoko Ohtani, Yôiti Suzuki and Tetsuaki Kawase the 21st International Congress on Sound and Vibration (ICSV21)
  • 2014, 8 "Using optical illusion patterns affixed to toy blocks for learning human errors in three-dimensional projection", Tomoko Ohtani, and Kazushi Maruya 16th International Conference on Geometry and Graphics オーストリア,インスブルック
  • 2015, 6 "Effects of a movie of speaker's irrelevant speech utterance on recalltask", Tomoko Ohtani, Shun Trai, Shuichi Sakamoto, and Yôiti Suzuki 16th International Multisensory Research Forum イタリア,ピサ
  • 2015, 8 "Effective evaluation and maximization of example object collection for a workshop on 3d object visualization using toy blocks", Tomoko Ohtani, Mieko Nakamura, Daiki Amanai, and Kazushi Maruya The 10th Asian Forum on Graphic Science 2015, #019 タイ
  • 2015, 10 “建築構成学からみる壁面装飾の意義 -錯視ブロックの基礎づけ-”,天内大樹・中村美恵子・大谷智子 2015年度日本図学会秋季大会(大阪)学術講演論文集,pp.107-108 大阪
  • 2016, 8 "Classification of perceived 3d structures, from the viewpoint of the aesthetics on architecture." Tomoko OHTANI and Daiki AMANAI 17th International Conference on Geometry and Graphics Beijing
  • 2016, 7 "Effect of vibration on the sense of presence and verisimilitude of audio-visual information", Contributed symposium : Senses of presence and verisimilitude as important factors for creating and evaluating affective space, Tomoko OHTANI the 31st International Congress of Psychology 2016, Yokohama
  • 2016, 9 能動的な観察をうながすワークショッププログラムの開発, 大谷智子 日本教育工学会 大阪
  • 2017, 8 "Development of new optical illusion blocks",Tomoko Ohtani, and Yuko HIGAKI The 11th Asian Forum on Graphic Science Tokyo
  • 2017, 8 "Theoretical basis for the optical illusion block from the viewpoint of architecture", Daiki AMANAI and Tomoko OHTANI The 11th Asian Forum on Graphic Science Tokyo

科学研究費補助金

  • 2015.4~2018.3 能動的な観察と考察を促すワークショップ型科学教育の開発 若手研究(B) 研究代表者
  • 2014.4~2015.3 高精細3次元音空間情報のセンシングとディスプレイ技術の開発 基盤研究(A) 研究分担者
  • 2014.4~2016.3 笑いを誘発する音声メディアの特徴分析に基づいた笑い誘発音声フィルタの試作 萌芽研究 研究分担者

教育活動

担当授業科目

  • 2015 コードとデザイン 学部・大学院
  • 2016 コードとデザイン 学部・大学院
  • 2017 コードとデザイン
  • 2017 創造活動に必要な心理学の基礎知識 学部
  • 2017 メディア特論:アート+
  • 2017 創作のための認知科学 学部

社会活動

学外委員会等の委員

  • 2017.4~ 日本バーチャルリアリティ学会 理事
  • 2015.5~ 日本図学会 理事
  • 2015.4~ 日本バーチャルリアリティ学会 学術誌編集委員
  • 2010.1~ 国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト 実行委員
  • 2007.4~ 日本バーチャルリアリティ学会 情報技術と文化の融合調査研究委員会 幹事
  • 2016.9~ Asian Forum on Graphic Science 2017 Organizing Committee

公開講座、学外講師、講演

  • 2016.8~ ファブリケーション ワークショップ 東京藝術大学芸術情報センター
  • 2017.3~ ワークショップ「錯視ブロックを組み立てて、見る」 東京藝術大学芸術情報センター

受託研究、共同研究、受託事業、共同事業

  • 2013.2~2014.3 錯視ブロック遊びを通した科学的思考の育成ワークショッププログラムの開発 受託研究 研究代表者 公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団
  • 2014.4~2015.3 東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究 共同研究 研究代表者 東北大学電気通信研究所
  • 2014.4~2015.3 東北大学男女共同参画・女性研究者支援事業研究スキルアップ経費 研究代表者 東北大学
  • 2011.2~2014.3 キャラクターUIの受容性に関する研究 受託研究 株式会社KDDI研究所
  • 2015.4~ 平成27年度東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究「話者映像が音声刺激の系列再生に及ぼす影響」 共同研究 研究代表者
  • 2015.4~ 平成27年度東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究「感覚情報間の同期性の判断がコンテンツの臨場感・迫真性に与える影響に関する検討」 共同研究 研究代表者
  • 2016.4~2016.4 NTT厚木研究開発センタ一般公開2016 ワークショップ「錯視ブロック ワークショップ」 受託事業 研究代表者 NTT先端技術総合研究所
  • 2016.3~ 実感を伴う情報表現に関する研究 共同研究 研究代表者 日本電信電話株式会社

他大学での非常勤講師等

  • 2009.4~2016.3 秋草学園短期大学幼児教育学科第二部 非常勤講師
  • 2011.4~ 東京医療保健大学東ヶ丘看護学部 非常勤講師
  • 2012.4~2013.3 東京医療保健大学医療情報学部・医療栄養学部 非常勤講師
  • 2013.4~ 明治大学総合数理学部 非常勤講師
  • 2014.9~2015.3 東北文化学園大学医療福祉学部 非常勤講師
  • 2016.4~ 女子美術大学 非常勤講師
  • 2017.4~ 聖心女子大学 非常勤講師

その他の社会活動

  • 2016.7~ 日刊工業新聞「凛としていきる・理系女性の挑戦」(2016年7月12日 総合4/国際)

大学運営

学内委員会等の委員

  • 東京藝術大学教養教育センター委員会 委員
  • 東京藝術大学総合芸術アーカイブセンター運営委員会 委員
  • 東京藝術大学附属図書館ワーキンググループ メンバー
  • 国際藝術リソースセンター委員会 オブザーバー


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.