詳細検索はこちら

毛利 嘉孝モウリ ヨシタカ

所属部署名大学院国際芸術創造研究科
職名教授
Last Updated :2018/06/22

研究者情報

教員基本情報1

  • 大学院国際芸術創造研究科
  • 芸術環境創造教授http://www.lib.geidai.ac.jp/Archive/mouri.html

生年月日

    1963, 3, 21

出身地

    長崎県

出身大学等

  • 1986, 3, 京都大学, 経済学部, 経済学科, 卒業

出身大学院

  • 1995, 9, ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ, メディア・アンド・コミュニケーションズ学科, 修士課程, 修了
  • 1998, 3, ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ, 社会学部, 博士課程, 単位修得退学

取得学位

  • B.A., Economics, 京都大学
  • M.A., Media and Communications, ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ
  • Ph.D., Sociology, ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ

職歴等

  • 1998, 4, 1999, 3, 九州大学大学院比較社会文化研究科助手
  • 1999, 4, 2005, 3, 九州大学大学院比較社会文化研究院助教授
  • 2002, 2003, ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ客員研究員
  • 2003, 4, 2004, 3, 東京大学社会情報研究所助教授(併任)
  • 2005, 4, 2016, 3, 東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科助教授(07.4~准教授)
  • 2016, 4, 東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 教授

研究活動2_研究のキーワード

  • 文化研究
  • 社会学
  • 文化理論
  • ポストモダン理論
  • メディア
  • 人種
  • 階級
  • ジェンダー

研究活動4_研究業績

  • 2003, 12, 著書, 文化=政治:グローバリゼーション時代の空間の叛乱, 単著, 毛利嘉孝, 月曜社
  • 2007, 7, 著書, ポピュラー音楽と資本主義, 単著, 毛利嘉孝, せりか書房
  • 2008, 6, 著書, はじめてのDiY:何でもお金で買えると思うなよ, 単著, 毛利嘉孝, ブルース・インターアクションズ
  • 2009, 7, 著書, ストリートの思想:転換期としての1990年代, 単著, 毛利嘉孝, NHK出版
  • 2012, 1, 著書, 増補 ポピュラー音楽と資本主義, 単著, 毛利嘉孝, せりか書房
  • 2004, 11, 著書, 『日式韓流:『冬のソナタ』と日韓大衆文化の現在』 毛利嘉孝編 序章 pp.8-12 第一章「『冬のソナタ』と能動的ファンの実践」pp.14-50 あとがき pp.300-305 執筆担当, 編著, 毛利嘉孝, せりか書房
  • 2003, 11, 著書, 『テレビはどう見られてきたのか』 小林直毅+毛利嘉孝編 第八章「「イラク攻撃」、「テレビ」、そして「オーディエンス」」pp.180-205、第九章「テレビ・オーディエンス研究の現代的地平」pp.208-229 執筆担当, 共編, 毛利嘉孝, せりか書房
  • 2000, 9, 著書, カルチュラル・スタディーズ入門, 共著, 毛利嘉孝, ちくま新書
  • 2002, 5, 著書, 実践カルチュラル・スタディーズ, 共著, 毛利嘉孝, ちくま新書
  • 2011, 11, 論文, The Pitfall Facing the Cool Japan Project : The Transnational Development of the Anime Industry under the Condition ofPost-Fordism in International Journal of Japanese Sociology, Wiley-Blackwell, 10.1111/j.1475-6781.2011.01146.x, 単著, International Journal of Japanese Sociology, Wiley-Blackwell, 20, pp.30-42
  • 2010, 10, 論文, New Art and Culture in the Age of Freeter in Japan: On Young Part TimeWorkers and the Ideology of Creativity, 単著, Kontur, Aarhus University, 20, pp.48-53
  • 2009, 11, 論文, J-Pop: from the Ideology of Creativity to DiY Music Culture, 10.1080/14649370903166093, 単著, Inter-Asia Cultural Studies, Routledge, 10, 4, pp.474-488
  • 2009, 論文, Reconsidering Hybridity: Transnational Exchanges of Popular Music in-between Korea and Japan, 単著, Cultural Studies and Cultural Industries in Northeast Asia: What a Difference a Region Makes, C. Berry, J. Mackintosh and N. Liscutin (eds.), Hong Kong University Press, pp.213-230
  • 2008, 論文, Winter Sonata and Cultural Practices of Active Fans in Japan: Considering Middle-Aged Women as Cultural Agents, 単著, East Asian Pop Culture: Analysing the Korean Wave, B. Chua and K. Iwabuchi (eds), Hong Kong University Press, pp.127-141
  • 2006, 論文, Subcultural Unconsciousness in Japan: the War and Japanese Contemporary Artists, 単著, Popular Culture, Globalization and Japan, M. Allen and R. Sakamoto (eds), Routledge, pp.174-191
  • 2005, 4, 論文, Culture=Politics: The Emergence of New Cultural Forms of Protest in the age of Freeter, 10.1080/1462394042000326888, 単著, Inter-Asia Cultural Studies, Routledge, 6, 1, pp.17-29
  • 2004, 4, 論文, Intellectual Discourses on the World Cup in Japan and the Unspoken Consensus of Japaneseness, 10.1080/1464937042000196851, 単著, Inter-Asia Cultural Studies, Routledge, 5, 1, pp.106-114
  • 2002, 論文, Commentary of Nibutani Project' Traces, No.2, Brett de Barry and Meaghan Morris eds, 単著, Traces, No.2, Brett de Barry and Meaghan Morris (eds), Hong Kong University Press, pp.375-382

研究活動8_科学研究費補助金

  • 2008, 4, 2011, 3, 東アジアにおけるトランスナショナルなメディア文化に対する社会学的研究, 基盤研究(C), 研究代表者
  • 2011, 4, 2013, 3, 多文化社会におけるメディアの公共性と文化的市民権, 基盤研究(B), 研究代表者

社会活動1_学外委員会等の委員

  • 2000, 2000, 福岡市音楽産業都市推進懇話会委員(座長)
  • 2000, 2000, 福岡市姪浜駅前公共彫刻作品選定委員
  • 2004, 2004, 福岡県若者文化研究会委員
  • 2005, 2005, 岡アジア美術館第三回福岡アジアトリエンナーレ出品作家専攻協議会委員

社会活動4_他大学での非常勤講師等

  • 2006, 2006, 香港嶺南大学・香港大学 客員研究員
  • 2007, 2008, 国立シンガポール大学アジア研究所(ARI)客員研究員

社会活動4_その他の社会活動

  • NGO北九州アート・インスチチュート理事
  • 福岡市ミュージックシティ天神企画委員
  • 韓国春川市文化観光特別大使
  • Inter-Asia Cultural Studies (Routledge) 編集委員
  • Association for Cultural Studies Board Member
  • 2006, 2010, 日本学術会議連携会員

大学運営上の貢献_学内委員会等の委員

  • 2010, 4, 2013, 3, 広報室
  • 2011, 4, 2012, 3, 音楽学部教務委員会
  • 2011, 4, 2012, 3, 音楽学部紀要委員会
  • 2011, 4, 2012, 3, 音楽学部学位委員会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.