詳細検索はこちら

岩崎 真IWASAKI, Makotoイワサキ マコト

所属部署名演奏芸術センター
職名助教
Last Updated :2018/06/22

研究者情報

教員基本情報1

  • 演奏芸術センター
  • 助教

生年月日

    1957, 7, 3

出身地

    岡山県

出身大学等

  • 1983, 3, 東京芸術大学, 音楽学部, 作曲科, 卒業

出身大学院

  • 1986, 3, 東京芸術大学, 大学院音楽研究科, 修士課程, 作曲専攻, 修了

取得学位

  • 芸術学士, 東京芸術大学
  • 芸術学修士, 東京芸術大学

職歴等

  • 1986, 1990, 3, 東京芸術大学音楽学部非常勤講師
  • 1990, 10, 1997, 5, 東京芸術大学音楽学部音響研究室助手
  • 1997, 6, 2007, 3, 東京芸術大学演奏芸術センター助手
  • 2007, 4, 東京芸術大学演奏芸術センター助教

所属学会等

  • 日本電子音楽協会
  • 日本作曲家協議会会員
  • 日本音響学会会員

研究活動2_研究のキーワード

  • 音楽音響学
  • 電子音楽
  • コンピュータ音楽
  • 作曲
  • 美術家とのコラボレーション

研究活動3_研究業績

  • 1995, 1995, 作曲, 《鉄の震域》:電子音響と彫刻家金沢健一とのコラボレーション(カナダ、バンフ)
  • 1996, 1996, 作曲, 《StückⅠ》エレクトーンのための:日本電子楽器教育研究会委嘱作品(東京、駒場エミナース)
  • 1997, 1997, 作曲, 《Symbiosis》:電子音楽と映像作家豊崎洋二とのコラボレーション(ギリシャ、テッサロニキ)
  • 1998, 1998, 作曲, 《・・y・・》―電子音のための:テープ作品、仙台アジア音楽祭’98委嘱作品
  • 2002, 2002, 作曲, 「草上の宴」に寄せて:室内楽作品、アジアの伝統/アジアの現代公演実行委員会委嘱作品(東京、旧奏楽堂)
  • 2006, 2006, 作曲, 打楽器と吹奏楽のための小組曲、岡山県立岡山操山高等学校委嘱作品(岡山、岡山シンフォニーホール)

研究活動4_研究業績

  • 2001, 報告書, 「奏楽堂におけるホール音響特性と聴取の諸問題」, 共著, 文部省科学研究費(B)(2)報告書No.11490009
  • 2002, 論文, 「奏楽堂における演奏形態ごとの可変天井設定条件」(日本音響学会2002年春季研究発表会 講演論文), 共著
  • 2002, 著書, 『デジタル・ミュージック・プロセッシング』, 共著, 専門教育出版
  • 2002, 論文, “Setteing Condeition of Movable Ceiling of SOUGAKUDO Concert Hall Based on the Program of Musical Performing Form - Experimental Study by Test Performance -(第18回国際音響学会2004京都大会), 共著

研究活動5_受賞

  • 1995, 《鉄の震域》:電子音響と彫刻家金沢健一とのコラボレーション, ICMCカナダ大会入選
  • 1997, 《Symbiosis》:電子音楽と映像作家豊崎洋二とのコラボレーション, ICMCギリシャ大会入選

教育活動1_担当授業科目

  • 2011, AVメディア, 学部
  • 2011, サウンド・シンセシス, 学部

社会活動1_学外委員会等の委員

  • 1996, 1996, 「箏・創作フェア」電子音楽部門審査員
  • 2002, 2002, 「ジュニアエレクトンコンクール2002 東京大会ファイナル」審査員


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.