詳細検索はこちら

塚田 全彦TSUKADA,Masahikoツカダ マサヒコ

所属部署名大学院美術研究科
職名准教授
Last Updated :2018/06/22

研究者情報

教員基本情報1

  • 大学院美術研究科
  • 文化財保存学専攻保存科学准教授

生年月日

    1966, 12, 6

出身地

    埼玉県

出身大学等

  • 1990, 3, 上智大学, 理工学部, 化学科, 卒業

出身大学院

  • 1994, 3, 東京藝術大学, 美術研究科, 修士課程, 芸術学専攻, 修了

取得学位

  • 学士(理工学), 上智大学
  • 修士(文化財), 東京藝術大学

職歴等

  • 1994, 4, 1997, 9, 東北芸術工科大学芸術学部芸術学科 助手
  • 1997, 10, 2002, 3, 国立西洋美術館学芸課保存科学室 研究員
  • 2002, 4, 2005, 12, 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館学芸課 保存科学室長
  • 2006, 1, 2008, 7, 独立行政法人国立博物館東京国立博物館文化財部保存修復課 環境保存室長
  • 2008, 8, 2014, 5, メトロポリタン美術館(米国)科学研究部 研究員
  • 2014, 6, 東京藝術大学大学院美術研究科 准教授

所属学会等

  • 文化財保存修復学会
  • 国際文化財保存学会

資格免許

  • 甲種危険物取扱者
  • X線作業主任者
  • 教員免許(高校1種)
  • 学芸員資格

研究活動4_研究業績

  • 1994, 論文, 油絵具の乾性油の同定のための有機アルカリ試薬を用いた前処理法について, 共著, 古文化財の科学, 39, pp.75-80
  • 1996, 論文, 油絵具の乾燥における脂肪酸組成の変化, 共著, 文化財保存修復学会誌, 40, pp.10-23
  • 1996, 論文, 絵画材料FT-IRスペクトルライブラリーの開発と活用における諸問題, 共著, 文化財保存修復学会誌, 40, pp.72-79
  • 1996, 論文, 山形県鮭川村向井薬師堂における文化財保存環境の長期間調査, 共著, 東北芸術工科大学紀要, 3, pp.26-35
  • 1997, 論文, 疑似華角飾り棚の材料・技法・修復」,『文化財保存修復学会誌, 共著, 文化財保存修復学会誌, 41, pp.68-77
  • 1997, 論文, 東南アジア古陶磁の特性について – ベトナムおよびミャンマー採集陶片の化学分析, 共著, 東北芸術工科大学紀要, 4, pp.34-41
  • 1998, 論文, Identification of Calcium Carbonate Contained as Body in Modern Paints by FTIR Spectroscopy, 共著, Postprints of 2nd Infrared Users Group Meeting, pp.25-33
  • 1999, 論文, 消火器薬剤の美術作品への影響, 単著, 国立西洋美術館研究紀要, 3, pp.33-44
  • 2000, 論文, 美術作品輸送用クレートの構造と輸送中の温度・相対湿度の変化について(その1), 共著, 国立西洋美術館研究紀要, 4, pp.57-67
  • 2000, 論文, 酸化プロピレンの材質への影響, 共著, 文化財の虫菌害, 40, pp.22-29
  • 2000, 論文, Seismic Isolation and Conservation Work on Rodin’s ‘The Gates of Hell’’, 共著
  • 2002, 論文, 西洋絵画の寿命, 共著, マテリアルライフ学会誌, 14, 1, pp.12-17
  • 2002, 論文, 国立西洋美術館における室内空気汚染調査・対策の事例, 単著, 文化財保存修復学会誌, 46, pp.96-113
  • 2003, 論文, ピラネージ作版画の修復処置と接着剤の分析, 共著, 国立西洋美術館研究紀要, 7, pp.49-66
  • 2004, 論文, Effect of formalin on animal glue – A Preliminary study on the materials and techniques used in the paintings of 'Panreal Art Group' in Japan, 単著, Proceedings of Sixth International Infrared and Raman Users' Group Conference, pp.311-315
  • 2004, 論文, 保存科学者の役割とイタリアにおける科学者たちの文化財保存への寄与, 単著, 博物館研究, 39, 11, pp.20-22
  • 2006, 論文, ルヌアール素描・版画コレクションの台紙に用いられた接着剤の化学分析, 単著, MUSEUM(東京国立博物館研究誌), 604, pp.105-109
  • 2007, 論文, Non-Invasive Identification of White Pigments on 20th-Century Oil Paintings by Using Fiber Optic Reflectance Spectroscopy, 共著, Journal of the American Institute for Conservation, 46, 1, pp.27-37
  • 2007, 論文, Modern White Pigments: Their Identification by Means of Noninvasive Ultraviolet, Visible, and Infrared Fiber Optic Reflectance Spectroscopy, 共著, Modern Paints Uncovered: Proceedings from the Modern Paints Uncovered Symposium, pp.118-128
  • 2008, 論文, 「白地立木模様更紗」に用いられた染料の科学的分析, 単著, MUSEUM(東京国立博物館研究誌), 612, pp.105-109
  • 2008, 論文, 近代油彩画の非破壊分析(その1) : 白色顔料, 共著, 国立西洋美術館研究紀要, 12, pp.19-26
  • 2008, 論文, Measurement and Analysis of the Global Transport Environment for Packing Cases for Artifacts, 共著, Conservation and Access: Contributions to the 2008 IIC Congress, pp.60-63
  • 2011, 論文, Application of Impact Sensors for the Study of Environmental Conditions in Showcases at the Metropolitan Museum of Art, 共著, Proceedings Book of Art’11 – 10th International Conference on Non-Destructive Investigations and Microanalysis for the Diagnostics and Conservation of Cultural and Environmental Heritage (Published in CD-ROM)
  • 2011, 論文, Light-fastness of Autochrome Color Screen Filters Under Anoxic Conditions, 共著, Preprints of The International Council of Museums – Committee for Conservation (ICOM-CC) 16th Triennial Conference (Published in CD-ROM)
  • 2012, 論文, A New Strategy for Assessing Off-Gassing from Museum Materials: Air Sampling in Oddy Test Vessels, 共著, AIC News – Newsletter of American Institute for Conservation of Historic and Artistic Works, 37, 1, pp. 1, 3-7
  • 2012, 論文, Effects of Low Oxygen Environments in the Light Fading of Six Dyes Present in the Autochrome Color Screen, 共著, Journal of the American Institute for Conservation, 51, 2, pp.159-174
  • 2013, 論文, Silver Nanofilm Sensors for Assessing Daguerreotype Housing Materials in an Oddy Test Setup, 共著, e-Preservation Science, 10, pp.71-76
  • 2014, 論文, Measuring mercury emissions from cinnabar lacquer objects, 共著, Studies in Conservation, 59, S1, pp.S137-S140
  • 2014, 論文, Real-time evaluation of the efficacy of anoxic treatment for Cultural Heritage objects, 10.12969/Scientia.Vol126.Sect2.Art02, 共著, SCIENTIA - International Review of Scientific Synthesis (e-journal), 126, 2

研究活動8_科学研究費補助金

  • 1995, 4, 1998, 3, 真珠および螺鈿の保存科学的研究, 基盤研究(C), 国内共同研究, 研究分担者
  • 1998, 4, 2001, 3, 絵画作品展示・輸送用マイクロクライメイトボックスの開発, 基盤研究(A), 国内共同研究, 研究分担者
  • 2002, 4, 2004, 3, 油絵具の乾燥における脂肪酸組成の変化に対する顔料の影響, 若手研究(B), 個人研究, 研究代表者
  • 2008, 5, 2013, 3, 博物館における文化遺産の保全と持続的公開を目指した包括的保存システムの研究, 基盤研究(S), 国内共同研究, 研究分担者
  • 2015, 4, 2017, 3, 金属薄膜センサーを用いた文化財展示保存容器製作材料の試験法の開発, 萌芽研究, 国際共同研究, 研究代表者
  • 2015, 4, 2020, 3, 現代美術の保存と修復――その理念・方法・情報のネットワーク構築のために, 基盤研究(A), 国内共同研究, 研究分担者

教育活動1_担当授業科目

  • 2014, 保存科学演習, 大学院
  • 2014, 機器分析法, 大学院
  • 2015, 機器分析法実験, 大学院
  • 2015, 文化財保存学演習, 大学院
  • 2015, 美術工芸材料学, 大学院

社会活動4_他大学での非常勤講師等

  • 2015, 4, 2015, 9, 東京学芸大学 非常勤講師
  • 2015, 9, 2016, 3, 筑波大学 非常勤講師

大学運営上の貢献_学内委員会等の委員

  • 2014, 6, 教職センター運営委員会
  • 2014, 6, 安全対策連絡会
  • 2015, 4, 美術学部教務委員会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.