詳細検索はこちら

飯田 志保子IIDA Shihokoイイダ シホコ

所属部署名美術学部 先端芸術表現科
職名准教授
Last Updated :2017/10/17

研究者情報

教員基本情報

    所属

    美術学部 先端芸術表現科

    職名

    准教授

    研究分野

    先端芸術表現

出身地

    東京都

学歴

  • 1998.3 多摩美術大学美術学部芸術学科 卒業

取得学位

  • 学士(芸術), 多摩美術大学

職歴等

  • 1998.7~2009.8 財団法人東京オペラシティ文化財団(東京オペラシティアートギャラリー キュレーター)
  • 2008.9~2008.11 「第1回開渡ビエンナーレ―I Have a Dream」(ジュン=グウェン・ハツシバ指名によるハツシバ担当キュレーター)
  • 2009.10~2011.7 クイーンズランド州立美術館内調査研究機関ACAPA: オーストラリア・センター・オブ・アジア・パシフィック・アート(客員キュレーター)
  • 2011.9~2011.12 韓国国立現代美術館(2011年インターナショナル・フェローシップ・リサーチャー)
  • 2012.2~2013.11 「あいちトリエンナーレ2013 揺れる大地―われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活」(共同キュレーター)
  • 2012.7~2012.12 「第15回アジアン・アート・ビエンナーレ・バングラデシュ」(日本公式参加キュレーター)
  • 2012.11~2015.2 「札幌国際芸術祭2014」(アソシエイト・キュレーター)
  • 2014.10~ 東京藝術大学美術学部 准教授

所属学会等

  • 国際美術館会議
  • 美術評論家連盟

資格免許

  • 学芸員資格(1998年3月)

研究活動

研究課題

  • 2009.10~2011.7 Memorundum of APT Research(日本語版要約:文化庁平成21年度新進芸術家海外研修制度 2009年派遣研修員研修報告書)

研究のキーワード

  • 現代アートと社会
  • 美術館やビエンナーレ等の芸術文化制度について
  • アジアの現代美術
  • 共同企画

研究業績(創作活動等)

  • 1999.12~2009.3 「project N」東京オペラシティアートギャラリー、東京、日本(リーフレット発行)
  • 2002.5~2002.8 「東京オペラシティアートギャラリー収蔵品展011 彼方へ―寺田コレクションより」(リーフレット発行)
  • 2003.3~2003.6 「東京オペラシティアートギャラリー収蔵品展014 日本の春―寺田コレクションより」(リーフレット発行)
  • 2004.5~2004.7 「アートがあれば Why not live for Art?」東京オペラシティアートギャラリー(ブックレット発行)
  • 2004.10~2004.12 「野又穫-カンヴァスに立つ建築」東京オペラシティアートギャラリー(リーフレット発行)
  • 2004.10~2004.12 「ヴォルフガング・ティルマンス-Freisschwimmer」東京オペラシティアートギャラリー(カタログ発行)
  • 2005.10~2005.12 「シュテファン・バルケンホール-木の彫刻とレリーフ」東京オペラシティアートギャラリー(カタログ発行)
  • 2006.7~2006.9 「光の魔術師―インゴ・マウラー展」東京オペラシティアートギャラリー
  • 2005.5~2006.10 「Rapt! 20 contemporary artists from Japan」オーストラリア5都市13会場(カタログ発行[2分冊])
  • 2006.10~2006.12 「東京オペラシティアートギャラリー収蔵品展022 ブラック&ホワイト―黒のなかの黒」(リーフレット発行)
  • 2006.12~2007.2 「Oriental Metaphor」オルタナティヴ・スペースLOOP、ソウル、韓国(カタログ発行)
  • 2007.4~2007.7 「東京オペラシティアートギャラリー収蔵品展023 こことそこの間」(リーフレット発行)
  • 2007.11~2008.1 「北欧モダン―デザイン&クラフト」、東京オペラシティアートギャラリー
  • 2008.9~2008.11 「第1回開渡ビエンナーレ-I have A Dream」開渡美術館、台北、台湾
  • 2008.7~2008.10 「トレース・エレメンツ―日豪の写真メディアにおける精神と記憶」東京オペラシティアートギャラリー(カタログ発行)
  • 2009.2~2009.3 「トレース・エレメンツ-日豪の写真メディアにおける精神と記憶」パフォーマンス・スペース、シドニー、オーストラリア
  • 2009.7~2009.9 「鴻池朋子―インタートラベラー」東京オペラシティアートギャラリー(アーティスト・ブック発行)
  • 2010.4~2010.5 「Move on Asia 2010: Single Channel Video Art Festival-Sealed Time in Video Art」オルタナティヴ・スペースLOOP、ソウル、韓国(リーフレット)
  • 2010.5~2010.10 「The Fragmented Body」クイーンズランド州立美術館ホワイエキャビネット、ブリスベン、オーストラリア
  • 2012.1~2011.2 「Omnilogue(オムニログ): Journey to the West 」ラリット・カラ・アカデミー(ギャラリー1&2)、ニューデリー、インド(カタログ発行)
  • 2012.6~2012.7 「Identity VIII-差異の肯定、異質さを抱擁せよ-アイデンティティとパフォーマンス」、nca nichido contemporary art、東京
  • 2012.12~2012.12 「第15回アジアン・アート・ビエンナーレ・バングラデシュ」バングラデシュ・シルパカラ・アカデミー、ダッカ、バングラデシュ(カタログ発行)
  • 2013.8~2013.10 「あいちトリエンナーレ2013 揺れる大地―われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活」愛知県名古屋市・岡崎市内複数会場(カタログ発行)
  • 2014.7~2014.9 「札幌国際芸術祭2014―都市と自然」北海道立近代美術館展示室A、札幌芸術の森美術館他、札幌市内複数会場(単行書発行)
  • 2015.10~2016.2 「THE BEGINNINGS (or Open-Ended)」Minatomachi POTLUCK BUILDING、名古屋
  • 2017.1~2017.2 「コンディション・リポート:シンディカット・チャンプルサリ」、グダン・サリナ・エコシステム、ジャカルタ

研究業績(著書、発表論文等)

  • 1999.9 著書 第3章コレクションの概要 「東洋的抽象」と「白と黒」が織り成す作品群
    ISBN:4-925204-01-7 C0070 単著
    東京オペラシティアートギャラリー収蔵品選 寺田コレクションからの100点 (財)東京オペラシティ文化財団
    p.42 (J), 43 (E)
  • 1999.12 その他 見ることの冒険:不可解な存在と出会うとき
    単著
    project N 01 南川史門 (財)東京オペラシティ文化財団
    1巻
  • 2000.8 その他 日常のなかの「わたし」:今野尚行のリアリティ
    単著
    project N 02 今野尚行 (財)東京オペラシティ文化財団
    2巻
  • 2001.7 その他 開かれた視野,ゆるぎない視線
    単著
    project N 07 北浦信一郎 (財)東京オペラシティ文化財団
    7巻
  • 2001.11 その他 光を放つ
    単著
    project N 08 今澤正 (財)東京オペラシティ文化財団
    8巻
  • 2002.5 その他 彼方への回帰,海への憧憬
    単著
    東京オペラシティアートギャラリー収蔵品展011 彼方へ―寺田コレクションより (財)東京オペラシティ文化財団
    11巻
  • 2002.12 その他 小木曽瑞枝のスロー・ペインティング
    単著
    project N 12 小木曽瑞枝 (財)東京オペラシティ文化財団
    12巻
  • 2003.3 その他 現代版絵巻が綴る日本社会
    単著
    project N 13 西澤千晴 (財)東京オペラシティ文化財団
    13巻
  • 2003.3 その他 日本の春
    単著
    東京オペラシティアートギャラリー収蔵品展014 日本の春―寺田コレクションより (財)東京オペラシティ文化財団
    14巻
  • 2003.7 翻訳 カムスック・ケオミンムアン,クムブ・アナク・カトゥ,イェイ・ミン,オスマン・ビン・バキル,フィ・チャン・タン
    ISBN:981-04-9161-1 共訳
    エイリーン・クー,ジョアンナ・リー,ニランジャン・ラジャ,ハップ・トゥーイ 15 TRACKS: Contemporary Southeast Asian Art 現代の東南アジア美術―それぞれの視点 シンガポール美術館,国際交流基金,多摩美術大学美術館,福岡アジア美術館
    p.55, 67, 71, 77, 81
  • 2003.8 その他 一葉からの飛躍
    単著
    project N 14 井上実 (財)東京オペラシティ文化財団
    14巻
  • 2004.5 その他 『個』のつながりがつなぐもの[キュレーター・ノーツ]
    単著
    アートがあれば Why not live for Art? (財)東京オペラシティ文化財団
    p.2-3(J), 4-5(E)
  • 2004.7 その他 「型」の美学と個人主義絵画
    単著
    project N 18 高橋将貴 (財)東京オペラシティ文化財団
    18巻
  • 2004.10 著書 ヴォルフガング・ティルマンス-遊泳者の精神
    ISBN:4-925204-18-1 C0070 単著
    ヴォルフガング・ティルマンス―Freischwimmer (財)東京オペラシティ文化財団
    p.82-87 (J), 104-109 (E)
  • 2005.1 その他 珪化花園を散策して
    単著
    project N 20 馬場恵 (財)東京オペラシティ文化財団
    20巻
  • 2005.2 その他 今村哲「消失したモノ、それによって生まれたモノ」[ケンジタキギャラリー個展レヴュー]
    単著
    芸術批評誌【リア】 リア制作室
    9号 p.73
  • 2005.4 その他 中岡真珠美―風景の翻訳
    単著
    project N 21 中岡真珠美 (財)東京オペラシティ文化財団
    21巻
  • 2005.7 その他 高木紗恵子―祝福された絵画空間
    単著
    project N 22 高木紗恵子 (財)東京オペラシティ文化財団
    22巻
  • 2005.10 著書 シュテファン・バルケンホール-普通であって普通でないこと
    単著
    シュテファン・バルケンホール―木の彫刻とレリーフ 国立国際美術館
    p.86-91(J), 92-99 (German)
  • 2006.3 その他 高木紗惠子
    単著
    VOCA展 2006 「VOCA展」実行委員会,(財)日本美術協会・上野の森美術館
    p.42 (J), 123 (E)
  • 2006.4 その他 額田伸彦「追加」[ギャルリーユマニテ個展レヴュー]
    単著
    芸術批評誌【リア】 リア制作室
    13号 p.76-77
  • 2006.7 その他 田口和奈[インタヴュー]
    単著
    美術手帖 美術出版社
    58巻 883号 p.39
  • 2006.7 その他 高木紗恵子[インタヴュー]
    単著
    美術手帖 美術出版社
    58巻 883号 p.53
  • 2006.7 その他 志賀理江子[作家紹介]
    単著
    美術手帖 美術出版社
    58巻 883号 p.74
  • 2006.7 その他 中岡真珠美[作家紹介]
    単著
    美術手帖 美術出版社
    58巻 883号 p.86
  • 2006.8 その他 新しい時代のカウンター[ミヅマアクション/A.R.T 2会場「スーベニア・マイン」展レヴュー]
    単著
    美術手帖 美術出版社
    58巻 885号 p.212-213
  • 2006.9 著書 没入時代の孤独と連携-現代の日本社会、コミュニケーション、アートについて
    単著
    Rapt! 20 contemporary artists from Japan 国際交流基金
    p.26-32 (E), 33-37 (J)
  • 2006.9 その他 アトリエ・ワン
    単著
    Rapt! 20 contemporary artists from Japan 国際交流基金
    p.138 (J/E)
  • 2006.9 その他 法貴信也
    単著
    Rapt! 20 contemporary artists from Japan 国際交流基金
    p.154 (J/E)
  • 2006.9 その他 内藤礼
    単著
    Rapt! 20 contemporary artists from Japan 国際交流基金
    p.170 (J/E)
  • 2006.9 その他 志賀理江子
    単著
    Rapt! 20 contemporary artists from Japan 国際交流基金
    p.198 (J/E)
  • 2006.9 その他 田口和奈
    単著
    Rapt! 20 contemporary artists from Japan 国際交流基金
    p.202 (J/E)
  • 2006.9 その他 宇川直宏
    単著
    Rapt! 20 contemporary artists from Japan 国際交流基金
    p.210 (J/E)
  • 2006.10 その他 黒のなかの黒―有限のなかの無限について
    単著
    東京オペラシティアートギャラリー収蔵品展022 黒のなかの黒―寺田コレクションより (財)東京オペラシティ文化財団
  • 2006.11 その他 企業支援のアーティスト・イン・レジデンスと展覧会のテーマ[原美術館「アート・スコープ2005/2006 インターフェース・コンプレックス展」レヴュー]
    単著
    美術手帖 美術出版社
    58巻 888号 p.176-177
  • 2006.12 その他 南川史門
    単著
    南川史門 Misako & Rosen
  • 2007.1 その他 回転する木馬
    単著
    project N 28 冨倉崇嗣 (財)東京オペラシティ文化財団
    28巻
  • 2007.1 その他 Rapt! 20 contemporary artists from Japan The Document
    共編
    Rapt! 20 contemporary artists from Japan The Document 国際交流基金
  • 2007.3 その他 田口和奈
    単著
    VOCA展 2007 「VOCA展」実行委員会,(財)日本美術協会・上野の森美術館
    p.60 (J), 123 (E)
  • 2007.5 著書 現代日本のアートシーン―言説と文脈、プラットフォームの動向について
    ISBN:978-4-902080-10-0 C0670 単著
    ART AWARD TOKYO 2007 アートビートパブリッシャーズ
    p.10-11 (J), 12-13 (E)
  • 2007.7 著書 西澤千晴の絵画―ポスト・ステレオタイプ時代の日本社会
    共著
    西澤千晴 東京画廊+BTAP
    p.4-7 (J), 7-12 (E)
  • 2007.9 その他 志賀理江子―求心力の写真家
    単著
    STUDIO VOICE INFASパブリケーションズ
    381号 p.36-37
  • 2007.11 著書 薄曇りの空に
    単著
    東京画―ささやかなワタシのニチジョウのフーケイ (財)東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト
    p.6-7 (J), 8-9 (E)
  • 2008.3 その他 安田悠
    単著
    VOCA展 2008 「VOCA展」実行委員会,(財)日本美術協会・上野の森美術館
    p.80 (J), 126(E)
  • 2008.6 その他 ヴォルフガング・ティルマンス
    単著
    ARTiT(ウェブサイト) (株)アートイット
  • 2008.7 その他 Faces #11:ヴォルフガング・ティルマンス―「今」という時間を写し出す(インタヴュー)
    単著
    季刊アートイット (株)アートイット
    20号 p.16-17 (J/E)
  • 2008.7 著書 現代の微量元素
    ISBN:978-4-925204-22-4 C0070 単著
    トレース・エレメンツ――日豪の写真メディアにおける精神と記憶 (財)東京オペラシティ文化財団
    p.12-22 (J), 36-44 (E)
  • 2008.10 その他 記憶創造装置としての写真メディア
    単著
    STUDIO VOICE INFASパブリケーションズ
    394号
  • 2008.10 著書 ジュン=グウェン・ハツシバ ランナーの事由と孤独
    ISBN:978-986-01-5488-7 単著
    I have a dream: Kuandu Biennale 2008 國立臺北藝術大学,開渡美術館
    p.40-42 (Chinese), 44-47 (E)
  • 2008.11 その他 安田佐千種
    単著
    ARTiT(ウェブサイト) (株)アートイット
  • 2009.1 その他 原良介の絵画―余剰次元の可能性について
    単著
    project N 36 原良介 (財)東京オペラシティ文化財団
    36巻
  • 2009.3 その他 塩田千春―「声にならない声」との対峙
    単著
    季刊アートイット (株)アートイット
    23号 p.61 (J/E)
  • 2009.7 著書 物語の解体から神話の起源へ
    ISBN:978-4-904702-03-1 共著
    鴻池朋子 インタートラベラー 死者と遊ぶ人 (株)羽鳥書店
    p.97-98 (J), 99-101 (E)
  • 2009.11 その他 朝海陽子『Sight』
    単著
    アートコレクター 生活の友社
  • 2009.12 著書 Shinji Ohmaki―Dissolving into light
    ISBN:978-192-15-0308-5 単著
    The 6th Asia Pacific Triennial of Contemporary Art
    p.147 (E)
  • 2009.12 著書 Jun Nguyen-Hatsushiba―Breathing is free
    ISBN:978-192-15-0308-5 単著
    The 6th Asia Pacific Triennial of Contemporary Art
    p.126 (E)
  • 2010.1 著書 朝海陽子『Sight』―まなざしの先にあるもの
    ISBN:978-4-903545-68-4 C0072 共著
    朝海陽子―sight (株)赤々舎
    p.92-94 (J), 95-97 (E)
  • 2010.3 その他 Special Feature: Global Art Scene Now [JAPAN]
    単著
    Monthly Art Magazine Wolganmisool
    302号 p.108-109 (Korean)
  • 2010.3 著書 内なる分裂症―日本の現代絵画における「東洋性」
    単著
    Oriental Metaphor
    p.52-56 (Korean), 58-62(E)
  • 2010.3 その他 会田誠
    単著
    Oriental Metaphor
    p.170-173 (Korean/E)
  • 2010.3 その他 法貴信也
    単著
    Oriental Metaphor
    p.174-177 (Korean/E)
  • 2010.3 その他 南川史門
    単著
    Move on Asia 2010
    p.178-181 (Korean/E)
  • 2010.4 その他 宮永亮 《ヴァンジナ》―ヴィデオにおける拡張された時間
    単著
    Move on Asia 2010
  • 2010.4 その他 志賀理江子 《CANARY》における流れる時間と停止した時間
    単著
    Move on Asia 2010
  • 2010.3 その他 Acquistions & collections: Shirana Shahbazi's photographs `Flowers, fruits & portraits' series
    単著
    artlines
    Sept/Oct/Nov号 p.37(E)
  • 2010.4 その他 Acquistions &collections: Rirkrit Tiravanija 'Untitled (lunch box) 1998'
    単著
    artlines
    Dec/Jan/Feb号 p.37(E)
  • 2011.1 その他 Acquistions & collections: Tsui Kuang-Yu 'The shortcut to the systematic life 2002-05'
    単著
    artlines
    Mar/Apr/May号 p.34(E)
  • 2011.2 その他 文化的ナショナリズムと芸術精算の議論に向けてー芸術実践と制度の間
    単著
    A Critical Journal on Contemporary Art:Na+ [Nationalism+Artistic Production] CAMP
    1号 p.20
  • 2011.3 著書 Teppei Kaneuji
    ISBN:978-981-08-8050-7 単著
    Singapore Biennale 2011: OPEN HOUSE
    p.184(E)
  • 2011.6 その他 Exhibitions & programs: The Fragmented Body
    単著
    artlines
    Jun/Jul/Aug号 p.16(E)
  • 2011.6 その他 World News: Brisbane 急成長を遂げるオーストラリアの国際的な現代アート・コレクション
    単著
    美術手帖 美術出版社
    63巻 953号 p.123
  • 2011.9 その他 Gaze without subjectivity: Kohei Yoshiki and Yoko Asakai
    単著
    Artlink―Art & Surveillance
    31巻 3号 p.28-31(E)
  • 2011.9 翻訳 「美術とコミュニティ ─ 「関係性の美学」を超えて」(セッション1議題)、「後戻りできない地点」(クリッティヤー・カーウィーウォン)、「実存している:東南アジアにおける美学的影響と事実関係」(パトリック・フローレス)、「国境を越えて―ケース・スタディ:ヴェニスビエンナーレ韓国館とプラットフォーム・ソウル」(キム・ソンジョン)、「人は、専門家とジェネラリストに同時になれるか?」(ドリアン・チョン)
    「第7回 アジア次世代キュレイター会議」シンポジウム冊子 国際交流基金
  • 2011.11 その他 イ・ブルのソウル・スタジオを訪問[インタヴュー]
    単著
    美術手帖 美術出版社
    63巻 960号 p.74
  • 2011.11 著書 Konoike Tomoko: The Restructuring of Mythology
    単著
    Konoike Tomoko: Donning Animal Skins and Braided Grass
    p.2-5(E)
  • 2011.12 報告書 Premises of Contemporary Art: Memorandum
    単著
    2011 International Fellowship in Cultural Studies of Contemporary Art
    p.14-23 (E), 24-31 (Korean)
  • 2012.3 著書 不確かさの価値
    単著
    Omnilogue | 記録 国際交流基金
    p.64-65 (J), 66-67 (E)
  • 2012.7 著書 性を演じること-フィリップ・ブロフィと古橋悌二をめぐって
    ISBN:978-1-875792-75-7 単著
    Philip Brophy: Hyper Material for Our Very Brain
    p.29-35(E)
  • 2012.9 その他 2012 新人アーティスト300人:Part 2 評論家が選ぶ 「丹羽良徳」
    単著
    アートコレクター 生活の友社
    42号 p.36
  • 2012.10 その他 ARTIST INTERVIEW ス・ドホ[インタヴュー]
    単著
    美術手帖 美術出版社
    64巻 974号 p.172-179
  • 2013.1 その他 INFORMATIONS: Exhibition フランツ・アッカーマン[インタヴュー]
    単著
    美術手帖 美術出版社
    65巻 977号 p.238-239
  • 2013.2 その他 会田誠
    単著
    Re: Quest―1970年代以降の日本現代美術 国際交流基金
    p.90 (E), 206-210 (Korean), 234-238 (J)
  • 2013.2 その他 曽根裕
    単著
    Re: Quest―1970年代以降の日本現代美術 国際交流基金
    p.96(E), 206-210 (Korean), 234-238 (J)
  • 2013.2 その他 加藤泉
    単著
    Re: Quest―1970年代以降の日本現代美術 国際交流基金
    p.108 (E), 206-210 (Korean), 234-238 (J)
  • 2013.2 その他 須田悦弘
    単著
    Re: Quest―1970年代以降の日本現代美術 国際交流基金
    p.110 (E), 206-210 (Korean), 234-238 (J)
  • 2013.2 その他 小谷元彦
    単著
    Re: Quest―1970年代以降の日本現代美術 国際交流基金
    p.112 (E), 206-210 (Korean), 234-238 (J)
  • 2013.2 その他 青木陵子+伊藤存
    単著
    Re: Quest―1970年代以降の日本現代美術 国際交流基金
    p.120 (E), 206-210 (Korean), 234-238 (J)
  • 2013.2 その他 照屋勇賢
    単著
    Re: Quest―1970年代以降の日本現代美術 国際交流基金
    p.122 (E), 206-210 (Korean), 234-238 (J)
  • 2013.2 その他 田中功起
    単著
    Re: Quest―1970年代以降の日本現代美術 国際交流基金
    p.124 (E), 206-210 (Korean), 234-238 (J)
  • 2013.2 その他 さわひらき
    単著
    Re: Quest―1970年代以降の日本現代美術 国際交流基金
    p.128 (E), 206-210 (Korean), 234-238 (J)
  • 2013.3 報告書 「『第15回アジアン・アート・ビエンナーレ・バングラデシュ』日本参加に寄せて-バングラデシュは日本の近未来になり得るか?」
    ISBN:978-4-87540-157-5 C0071 単著
    第15回アジアン・アート・ビエンナーレ・バングラデシュ2012日本参加報告書 国際交流基金
    p.3-5 (J), 7-9 (E)
  • 2013.3 その他 World News: Queensland アジア・パシフィックの現代アートに流れる歴史文化を表出させたAPT7
    単著
    美術手帖 美術出版社
    65巻 980号 p.152-153
  • 2012.3 その他 文谷友佳里
    単著
    VOCA展2013 「VOCA展」実行委員会, (財)日本美術協会・上野の森美術館
    p.79 (J), p.106 (E)
  • 2013.10 著書 他者の苦痛への関与
    単著
    あいちトリエンナーレ2013 揺れる大地―われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活 あいちトリエンナーレ実行委員会
    p.20-22 (J), 226-228(E)
  • 2013.10 その他 ニナ・フィッシャー&マロアン・エル・サニ
    単著
    あいちトリエンナーレ2013 揺れる大地―われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活 あいちトリエンナーレ実行委員会
    p.52(J/E)
  • 2013.10 その他 池田剛介
    共著
    あいちトリエンナーレ2013 揺れる大地―われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活 あいちトリエンナーレ実行委員会
    p.72(J/E)
  • 2013.10 その他 アンジェリカ・メシティ
    単著
    あいちトリエンナーレ2013 揺れる大地―われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活 あいちトリエンナーレ実行委員会
    p.94(J/E)
  • 2013.10 その他 ニラ・ペレグ
    単著
    あいちトリエンナーレ2013 揺れる大地―われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活 あいちトリエンナーレ実行委員会
    p.124(J/E)
  • 2013.10 その他 ダン・ペルジョヴスキ
    共著
    あいちトリエンナーレ2013 揺れる大地―われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活 あいちトリエンナーレ実行委員会
    p.126(J/E)
  • 2013.10 その他 ウィット・ピムカンチャナポン
    単著
    あいちトリエンナーレ2013 揺れる大地―われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活 あいちトリエンナーレ実行委員会
    p.128(J/E)
  • 2013.10 その他 ソ・ミンジョン
    共著
    あいちトリエンナーレ2013 揺れる大地―われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活 あいちトリエンナーレ実行委員会
    p.144(J/E)
  • 2013.10 その他 志賀理江子
    共著
    あいちトリエンナーレ2013 揺れる大地―われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活 あいちトリエンナーレ実行委員会
    p.146(J/E)
  • 2013.10 その他 ミカ・ターニラ
    共著
    あいちトリエンナーレ2013 揺れる大地―われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活 あいちトリエンナーレ実行委員会
    p.160(J/E)
  • 2013.10 その他 米田知子
    共著
    あいちトリエンナーレ2013 揺れる大地―われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活 あいちトリエンナーレ実行委員会
    p.188(J/E)
  • 2013.12 その他 SPECIAL FEATURE 「六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト―来たるべき風景のために」を読む[レビュー]
    単著
    美術手帖 美術出版社
    65巻 997号 p.113-114
  • 2014.1 著書 永い眠りのかたち・悠久の生が現れるとき
    単著
    平川祐樹展「眠りにつくまで」記録集 美濃加茂市民ミュージアム
    p.28, 30 (J), 29, 31(E)
  • 2014.3 その他 気配の交換
    単著
    ACx2[エー・シー・ドゥ] 青森公立大学国際芸術センター青森[ACAC]
    15号 p.78-80
  • 2014.5 著書 記憶の集積―レビュー:国際芸術祭において場に特化すること
    単著
    Collective Memories―記憶の集積― 市原湖畔美術館
    p.6 (J), 7(E)
  • 2014.6 その他 2014新人アーティスト2014:Part 3 有名評論家&ジャーナリストが選ぶ新人|推薦者 飯田志保子 平川祐樹
    単著
    アートコレクター 生活の友社
    63号 p.68
  • 2014.7 その他 コラム 泡とアートについて考える
    単著
    Switch 別冊 札幌国際芸術祭2014 OFFICIAL GUIDEBOOK 株式会社スイッチ・パブリッシング
    p.26
  • 2014.7 その他 芸術一話 第16回 キュレーターになること
    単著
    B!e 名古屋芸術大学
    40号 p.3
  • 2014.10 著書 Can we make another past?
    ISBN:978-192-15-0366-5 単著
    We can make another future: Japanese Art After 1989 クイーンズランド州立美術館
    p.28-33(E)
  • 2014.12 その他 札幌国際芸術祭2014―投じられた一石は布石となるか?
    単著
    国立国際美術館ニュースレター 国立国際美術館
    205号 p.4
  • 2015.12 その他 [視点]シンポジウム「日本の国際展のいま、未来―美術館、地域といかにして共栄しえるか」開催レポート
    単著
    美術の窓 生活の友社
    34巻 12号 p.108-109

受賞

  • 2009.9 文化庁「平成21年度新進芸術家海外研修制度」(2年派遣)
  • 2011.9 韓国政府主催CPIプログラム:韓国国立美術館2011年インターナショナル・フェローシップ

教育活動

担当授業科目

  • 26 現代芸術概論
  • 26 IMA概論C
  • 26 現代芸術概論 I, II
  • 27 IMA概論C
  • 27 IMA実技
  • 27 グローバルアート共同カリキュラム
  • 28 現代芸術概論 I, II
  • 28 IMA概論C
  • 28 IMA実技
  • 28 アートプラクティス演習Ⅰ-Ⅳ

社会活動

学外委員会等の委員

  • 2006.6~2007.3 「VOCA展 2006」推薦委員
  • 2007.6~2008.3 「VOCA展 2007」推薦委員
  • 2007.2~2007.5 「A.A.T(アート・アワード・トーキョー)2007」審査委員
  • 2008.6~2009.3 「VOCA展 2008」推薦委員
  • 2008.2~2008.5 「A.A.T(アート・アワード・トーキョー)2008」審査委員
  • 2008.11~2009.5 「101トウキョウ・コンテンポラリーアートフェア2009」選考委員
  • 2009.2~2009.5 「A.A.T(アート・アワード・トーキョー)2009」審査委員
  • 2010.3~2010.4 「facetnate!2010」審査委員
  • 2012.6~2013.3 「VOCA展 2013」推薦委員
  • 2014.1~2014.5 「マネックス証券株式会社主催アーティスト公募プログラム ART IN THE OFFICE 2014」審査員
  • 2014.5~2016.3 文化庁「平成26年度優れた現代美術の海外発信促進事業協力者会議」委員
  • 2014.12~2014.12 「さっぽろ天神山アートスタジオ冬のプログラム国際公募」選考委員
  • 2014.12~2015.11 「日産アートアワード 2015 」推薦委員
  • 2015.1~2015.1 文化庁「国際発信力のある現代美術キュレーター育成のための状況等に係る調査事業」企画案選定委員
  • 2015.2~2016.3 東京都写真美術館作品資料収蔵委員会
  • 2015.3~2015.3 「国際発信力のある現代美術のキュレーター育成のための状況等に係る調査」委員
  • 2015.4~2016.3 アーツカウンシル東京 東京芸術文化創造発信助成 第I期、第II期に関する有識者ヒアリング
  • 2015.4~2016.3 創造都市さっぽろ・国際芸術祭実行委員会 国際芸術祭部会 部会員(SIAF コミッティーメンバー)
  • 2015.5~2016.3 アーカスプロジェクト2015いばらきアーティスト・イン・レジデンスプログラムゲストキュレーター
  • 2015.6~2015.6 青森公立大学国際芸術センター青森(ACAC)アーティスト・イン・レジデンス・プログラム2015/秋 アーティスト選考審査会 ゲスト審査員
  • 2015.6~2015.6 TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 2015 審査員
  • 2015.7~2015.8 Tokyo Institute of Photography Competition審査員
  • 2015.10~2016.3 絹谷幸二賞選考委員
  • 2016.5~ タカシマヤ文化基金「タマシマヤ美術賞」候補者推薦委員
  • 2016.5~ 創造都市さっぽろ・国際芸術祭実行委員会 国際芸術祭部会 部会員(SIAF コミッティーメンバー)
  • 2016.6~2016.11 広島市現代美術館主催「ゲンビどこでも企画公募2016」特別審査員
  • 2016.11~ 「日産アートアワード 2017 」推薦委員

公開講座、学外講師、講演

  • 2005.11~2005.11 NPO法人アーツイニシアティブトウキョウ[AIT]主催レクチャーシリーズゲスト講師(11/8) NPO法人AIT、AIT、東京
  • 2006.9~2006.9 「日豪アートフォーラム」シンポジウム(9/29) 国立新美術館、豪日交流基金、オーストラリア大使館共催/会場:国立新美術館、東京
  • 2006.9~2006.9 「第1回豪日アート・エクスチェンジ・フォーラム」(9/30) 国立新美術館、豪日交流基金、オーストラリア大使館共催/会場:国立新美術館、東京
  • 2006.10~2006.10 「Rapt! 20 contemporary Artists from Japan」関連シンポジウム「SEKAI-KEI and I: Looking at Contemporary Japan through the Arts」(10/14) 国際交流基金、アジアリンク共催/会場:アジアリンク、メルボルン
  • 2007.2~2007.2 「アジアン・マップス:第5回インターナショナル・コンテンポラリー・アート・エキスパーツ・フォーラム」 ARCO 07、マドリード
  • 2008.3~2008.3 「第3回アジア次世代キュレーター会議」 アヤラ美術館、国際交流基金共催/会場:アヤラ美術館、マニラ
  • 2008.6~2008.6 「第2回豪日ビジュアル・アーツ・フォーラム」(6/15-6/17) オーストラリア・カウンシル、シドニー
  • 2008.10~2008.10 東京藝術大学写真センター集中講義#011「この先の光景へ」(10/2) 東京藝術大学写真センター、東京
  • 2008.11~2008.11 「Exhibition as media 2008」展 関連企画ゲストトーク(11/3) 神戸アートビレッジセンター、神戸
  • 2008.11~2008.11 NPO法人アーツイニシアティブトウキョウ[AIT]主催レクチャーシリーズゲスト講師(11/4) NPO法人AIT、AIT、東京
  • 2009.3~2009.3 「101トウキョウ・コンテンポラリー・アートフェア2009x ロフトワーク」トークセッション(3/18) ロフトワーク、東京
  • 2009.3~2009.3 東北芸術工科大学「卒業・修了展[東京展]」ギャラリートーク(3/26) 東北芸術工科大学主催、東京都美術館、東京
  • 2009.4~2009.4 「101トウキョウ・コンテンポラリー・アートフェア2009」トークセッション(4/3) 東京国際フォーラム、東京
  • 2009.6~2009.6 NPO法人アーツイニシアティブトウキョウ[AIT]主催レクチャーシリーズゲスト講師(6/9) NPO法人AIT、AIT、東京
  • 2010.3~2010.3 「Up Late―Insight into APT6 member's program: Contributing to APT6: a visiting curator's perspective」(3/19) クイーンズランド州立美術館、ブリスベン
  • 2010.4~2010.4 「AAAF: アジアン・アート・アワード・フォーラム」レクチャープログラム SOMA美術館、ソウル
  • 2010.11~2010.11 Presentation for Museum&Gallery Services Queensland 「Desire of translation and beyond translation of cultures」(11/19) クイーンズランド大学、ブリスベン
  • 2011.11~2011.11 Presentation for Contemporary Art and Culture of Korea 「Premisees of contemporary art - Memorandum」(12/1) CPI主催/会場:韓国国立現代美術館、ソウル
  • 2011.12~2011.12 「2011 国際写真シンポジウム」シンポジウム「Contemporaneity and context of photomedia」(12/14) テグ市主催、テグ・フォト・ビエンナーレ実行委員会監修/会場:デグ・デザインセンター・アートホール、テグ
  • 2012.2~2012.2 「Omnilogue: Journey to the West展報告会+キュレトリアル・ラウンド・テーブル」(2/23) 国際交流基金、東京
  • 2012.5~2012.5 香港アートフェア関連プログラム「ART HK12 Guerrilla Talks」(5/19) ArtAsiaPacific』誌主催/会場:ART HK12、香港
  • 2012.5~2012.5 「Omnilogue: A Round Table」(5/21) オルタナティブ・スペース98B、マニラ
  • 2012.5~2012.5 「アージェント・トーク012:イスラエル美術の現在」ゲスト・パネリスト 森美術館、東京
  • 2012.7~2012.7 「SSD+展覧会企画と広報デザイン戦略を考えるワークショップ」(7/7) せんだいスクール・オブ・デザイン主催/会場:東北大学片平キャンパス電気通信研究所内Katahira10、仙台
  • 2012.7~2012.7 「なぜ私たちは『アジアの現代アート』を話すのか?」(7/21) トーキョーワンダーサイト青山、東京
  • 2012.9~2012.9 京都造形芸術大学主催「RADICAL SHOW」トークイベント(9/13) 京都造形芸術大学主催/会場:渋谷ヒカリエ、東京
  • 2012.10~2012.10 「ATLAS 2012」展ゲストトーク(10/17) 東京芸術大学先端芸術表現科取手キャンパス、取手
  • 2012.12~2012.12 「第7回アジア・パシフィック・トリエンナーレ」関連スペシャル・イベント「Art and personal memory」(12/9) クイーンズランド州立美術館、ブリスベン
  • 2013.3~2013.3 「現代アートが生まれるところ――あいちトリエンナーレ2013におけるキュレーションの現場」(3/19) オンライン・ウェブ・スクールSchoo
  • 2013.6~2013.6 「第19回多摩美術大学校友会定期総会」スペシャル・トークイベント(6/1) 多摩美術大学、東京
  • 2013.9~2013.9 「SPACE 7 Public Art Christchurch Biennial」オープニング・ウィークエンド・プログラム・トーク「Curating Post-Disaster: a short presentation on the Aichi Triennale 2013, ‘Awakening - Where Are We Standing? - Earth, Memory and Resurrection’, and specifically on working in the post-earthquake / tsunami cultural context of Japan」(9/29) SPACE 7 Public Art Christchurch Biennial、クライスチャーチ
  • 2013.11~2013.11 「シンポジウム 札幌国際芸術祭が目指すもの」(11/4) 札幌国際芸術祭実行委員会主催/会場:札幌コンサートホールKitara 大ホール、札幌
  • 2013.12~2013.12 「平成25年度 文化庁マネジメント人材育成の研修講演:空知旧産炭地域における『炭鉱(やま)の記憶』をキーワードにした地域再生のためのアートマネジメント人材育成事業」講演会(12/5) 札幌市立大学主催、札幌
  • 2013.12~2013.12 「Curators’ FAB LAB」(12/12) Total Museum of Contemporary Art、ソウル
  • 2014.1~2014.1 2013年度藝術学舎冬季講師として「現代アートを知りつくす2013」(1/29) 京都造形芸術大学藝術学舎外苑キャンパス、東京
  • 2014.2~2014.2 「東京芸術大学中村政人研究室修士一年展」関連トーク(2/9) 東京芸術大学中村政人研究室修士一年主催/会場:3331 Arts Chiyoda、東京
  • 2014.2~2014.2 「名古屋都市再開発研究会デザイン都市委員会シンポジウム『デザイン都市なごやの今後の展開のストーリーを探る』」「デザイン都市“名古屋”の可能性~あいちトリエンナーレ2013を通して~」(2/28) 名古屋都市再開発研究会デザイン都市委員会主催/会場:名古屋商工会議所、名古屋
  • 2014.3~2014.3 ART FAIR TOKYO 2014関連事業シンポジウム「アジアがつくる世界のアートフェアと国際展」(3/9) 東京国際フォーラム、東京
  • 2014.6~2014.6 「キュレーターの仕事(展示会場の構成と展覧会のつくり方)」(6/24) ギャラリーCAI02、札幌
  • 2014.8~2014.8 「平成26年度 文化庁マネジメント人材育成の研修講演:空知旧産炭地域における『炭鉱(やま)の記憶』をキーワードにした地域再生のためのアートマネジメント人材育成事業」(8/8) 札幌市立大学主催
  • 2014.9~2014.9 十和田市美術館 特別プログラム「きみもキュレーター!キュレーターと一緒に展覧会づくりを学ぶアート・スクール キュレーションってなに?」ゲスト講師(9/13) 十和田市美術館
  • 2014.9~2014.9 シンポジウム「SIAF2014 ファイナルトーク」(9/28) 札幌国際芸術祭実行委員会主催/会場:札幌市役所1Fロビー
  • 2014.11~2014.11 2014年度MADレクチャー「飛んで来た球を打ち返す、キュレーター道」(11/27) 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT]
  • 2015.1~2015.1 「ヂョン・ヨンドゥ 地上の道のように」開催記念 日韓キュレーター交流シンポジウム「今、私たちの隣に誰がいるのか」(1/18) 公益財団法人水戸市芸術振興財団
  • 2015.1~2015.1 「これからの、未来の途中」展トークイベント(1/24) 文化庁、京都工芸繊維大学、京都工芸繊維大学美術工芸資料館共催
  • 2015.3~2015.3 「文化庁「国際発信力のある現代美術キュレーター育成のための状況等に係る調査事業」意見交換会(3/20) 野村総合研究所
  • 2015.3~2015.3 「日中次世代キュレーターシンポジウム」モデレーター/パネリスト(3/28) 国際交流基金主催、中央美術学院美術館VIP会議室、北京
  • 2015.7~2015.7 teratotera「アートで789(なやむ) vol.7」ゲストトーク(7/5) 旅の本屋まど
  • 2015.7~2015.7 Nelhor展「Nerhol x 飯田志保子 トークイベント」(7/15) G/P gallery
  • 2015.8~2015.8 POTLUCK SCHOOL「国際展を通して考える アートと社会の繫がり」(8/8) 港まちづくり協議会主催/会場:PUTLUCK Building
  • 2015.9~2015.9 「PARC 5: Public Art Research Center 5 [Meeting Table]公共と芸術フォーラム」(9/5) 札幌駅前通まちづくり株式会社/札幌駅前通地下歩行空間
  • 2015.9~2015.9 ICC オープン・スペース 2015内「エマージェンシーズ!026田中健司アーティスト・トーク」(9/27) NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
  • 2015.11~2015.11 シンポジウム「日本の国際展のいま、未来-美術館、地域といかに共栄しえるか」(10/11) 横浜美術館
  • 2015.11~2015.11 「日産アートアワード2015 グランプリ・アーティスト 毛利悠子によるトーク」ゲスト出演(11/28) BankART Studio NYK、横浜
  • 2016.2~2016.2 「SIAFパブリックミーティング:SIAF2017へ向けて――ゲストディレクターを迎えて芸術祭を考える――(第二部)」モデレーター(2/17) 札幌プラザ2.5地下1階メッセホール
  • 2016.10~2016.20 あいちトリエンナーレ2016国際シンポジウムパネリスト(10/1, 10/2) 愛知芸術文化センター
  • 2016.11~2016.11 岡山芸術交流2016クロージング・イベント2・鼎談「国際展と芸術祭~岡山芸術交流の課題と可能性」(11/27) 岡山市旧後楽館天神校舎跡

他大学での非常勤講師等

  • 2004.6~2004.6 多摩美術大学美術学部芸術学科 特別講義講師(6/9. 6/19)
  • 2007.11~2007.11 京都造形大学ASP学科 特別講義講師(11/21)
  • 2012.7~2012.7 せんだいスクール・オブ・デザイン東北大学片平キャンパス 特別講義講師(7/6)
  • 2014.4~2014.4 名古屋芸術大学 特別講義講師(4/22)
  • 2015.12~2015.12 京都工業繊維大学大学院デザイン学特別講義講師(12/11)

大学運営

学内委員会等の委員

  • 大学美術館運営委員会
  • 紀要編集委員会
  • 卒業・修了作品展運営委員会
  • 博士審査展運営委員会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.