詳細検索はこちら

保科 豊巳ホシナ トヨミ

所属部署名学長・理事・副学長
職名理事・副学長(研究担当)
Last Updated :2018/06/22

研究者情報

教員基本情報

    所属
    学長・理事・副学長/美術学部絵画科  

    職名
    理事・副学長(研究担当) 教授 

    研究分野
    油画

    個人WEBサイトURL


    附属図書館芸大教員アーカイヴURL
    http://www.lib.geidai.ac.jp/Archive/hoshina.html

生年月日

    1953, 1, 19

出身地

    長野県東御市

出身大学等

  • 1979, 3, 東京芸術大学, 美術学部, 絵画科油画専攻, 卒業

出身大学院

  • 1981, 3, 東京芸術大学, 大学院美術研究科, 修士課程, 絵画専攻 版画, 修了
  • 1984, 3, 東京芸術大学, 大学院美術研究科, 博士後期課程, 美術専攻, 単位修得退学

取得学位

  • 芸術学士, 東京芸術大学
  • 芸術学修士, 東京芸術大学

職歴等

  • 1993 1994 明星大学芸術学科助教授
  • 1995 4 1997 3 東京芸術大学美術学部専任講師
  • 1997 4 2006 7 東京芸術大学美術学部助教授
  • 2002 2003 文部科学省在外研究員として渡米
  • 2006 8 東京芸術大学美術学部教授
  • 2009 4 2013 3 東京芸術大学美術学部副学部長
  • 2013 4 2016 3 東京藝術大学美術学部長・研究科長
  • 2016 4 東京藝術大学理事・副学長

創作活動

  • 1980, 1992, 展覧会, 個展 コバヤシ画廊/東京
  • 1982, 1982, 展覧会, 「第12回パリビエンナーレ」 パリ市立近代美術館
  • 1983, 1983, 展覧会, 「素材と空間展」 福岡市美術館
  • 1983, 1983, 展覧会, 「日本の現代美術展」 スイス国立歴史博物館、ラス美術館/ジュネーブ
  • 1985, 1985, 展覧会, 「第3回国際彫刻ビエンナーレ」 Sukironia Museum/アテネ
  • 1985, 1997, 展覧会, 個展 ギャラリーなつか/東京
  • 1986, 1986, 展覧会, 「日本の現代美術展」 国立台北現代美術館/台湾
  • 1989, 1989, 展覧会, 「今日の表現―地・間・余白」 埼玉県立近代美術館
  • 1990, 1990, 展覧会, 「INSTALLAT」 HET APPOLLOHUIS/オランダ
  • 1990, 1990, 展覧会, 「リサーチC.Oプロジェクト」 ライデン/オランダ
  • 1992, 1992, 展覧会, 「結いの高欄道プロジェクト」 長野
  • 1993, 1995, 展覧会, 個展 ギャラリーフィナルテ/名古屋
  • 1994, 1994, 展覧会, チバ・アートナウ(佐倉市立美術館)
  • 1997, 1997, 展覧会, 「日本現代美術展」 ソウル国立現代美術館/韓国
  • 1998, 1998, 展覧会, 「環太平洋現代美術展」 福州市立美術館
  • 1998, 1998, 展覧会, 「デュッセルドルフ現代美術交流展」 デュッセルドルフ/クンストリウム、ドイツ
  • 1999, 2001, 展覧会, グループ展 コバヤシ画廊/東京
  • 2000, 2000, 展覧会, 「人、自然、そして祈り in Japan 」 長野県信濃美術館
  • 2000, 2000, 展覧会, 「新潟県妻有トリエンナーレ」 新潟
  • 2001, 2001, 展覧会, 「HERE」ギャラリー毛利 東京
  • 2001, 2001, 展覧会, 「発生の場ドローイング」(東京芸術大学美術館付属陳列館)
  • 2002, 2002, 展覧会, 第10回ランタン・オブ・ザ・イースト・エイペックス・インL.A (ドイザキギャラリー、日米文化社会センター、カリフォルニア州立ロサンゼルスギャラリー、エンジェルスゲート文化センター)ロサンゼルス、U.S.A.
  • 2003, 2003, 展覧会, 第2回「大地の芸術祭」 妻有トリエンナーレ展/新潟
  • 2003, 2003, 展覧会, 「変様する家」展 松代
  • 2003, 2003, 展覧会, 「コラボレーション展」 Walch Galery/シカゴ、U.S.A.
  • 2004, 2004, 展覧会, 2人展(保科豊巳、北川原温) アルスギャラリー/東京
  • 2004, 2004, 展覧会, 「言の問い」展 平櫛田中邸/東京
  • 2004, 2004, 展覧会, 「VOICE OF SITE」展 旧坂本小学校/東京
  • 2005, 2005, 展覧会, 「VOICE OF SITE」ニューヨーク展 SVAギャラリー/ニューヨーク、U.S.A
  • 2005, 2005, 展覧会, 「サスティナブルアート展」 東京
  • 2005, 2005, 展覧会, 「東京芸術大学絵画科油画教員展」 日本橋高島屋/東京
  • 2005, 2005, 展覧会, 『出会い』日韓国際交流展 ソウル市立美術館/韓国
  • 2005, 2005, 展覧会, 第2回成都ビエンナーレ展「世紀と天堂」 成都現代美術館/中国
  • 2008, 2008, 展覧会, 「国際メディアアートビエンナーレ」 北京/中国
  • 2008, 2008, 展覧会, 「サスティナブルアートプロジェクト2008」 旧岩崎邸
  • 2008, 2008, 展覧会, 「伝統と現代 延承、演繹、浸透 水、墨、モノクロームの世界」 旧坂本小学校
  • 2008, 2008, 展覧会, 個展 表参道ギャラリー
  • 2009, 2009, 展覧会, 現代芸術DROWING展「景」芸術大学陳列館
  • 2009, 2009, その他, 河口プロジェクト、シンポジウム参加
  • 2009, 2009, 展覧会, 「VIEW OF IKAI 」東京芸術大学美術館
  • 2009, 2009, 展覧会, 「個展」表参道ギャラリー
  • 2009, 2009, 展覧会, 「記憶、状態」江西師範大学美術館 中国
  • 2010, 2010, 展覧会, 「国際交流展2010」台湾芸大美術館
  • 2010, 2010, 展覧会, 「木のデザイン」展、脇田美術館
  • 2010, 2010, 展覧会, 釜山ビエンナーレ、「NOW ASIAN ARTIST」釜山 韓国
  • 2010, 2010, 展覧会, 「環境と美術」展,ハワイ大学美術館、アメリカ
  • 2010, 2010, 展覧会, 「日中現代芸術作品展」日中友好館美術館、東京
  • 2010, 2010, 制作・プロデュース, 「第一回STORY OF THE ILAND ART PROJECT」プロデュース   香川県小豆島
  • 2010, 2010, 制作・プロデュース, [GTS観光アートプロジェクト]総合ディレクター、2010〜2012東京藝術大学
  • 2010, 2010, 展覧会, 「照応,順応」ルソルソギャラリー 韓国釜山
  • 2011, 2011, 展覧会, 釜山大学美術館、韓国
  • 2011, 2011, 展覧会, 表参道画廊「鷹見明彦企画」(インスタレーションのための7つの物語)個展
  • 2011, 2011, 展覧会, 「伝統と現代展」企画プロデュース東京芸術大学陳列館
  • 2011, 2011, 展覧会, 個展K Gallery Korea
  • 2011, 2011, 展覧会, 災害復興支援作品展、東京
  • 2011, 2011, 展覧会, 第2回「現代墨の作家展」兵庫県立美術館
  • 2011, 2011, 展覧会, 「絵画思考展」、東京
  • 2011, 2011, 展覧会, 「紙非紙」展 中央美術学院美術館、北京
  • 2011, 2011, 展覧会, 「第2回STORY OF THE ILAND ART PROJECT」香川県小豆島
  • 2011, 2011, 展覧会, 上野の森美術館大賞展招待出品(上野の森美術館、熊本県立美術館、愛知県立美術館巡回)
  • 2012, 2012, 展覧会, 「紙非紙」展 中央美術学院美術館、北京
  • 2012, 2012, 展覧会, 中日文化交流庁、「京都凉影」映画出演
  • 2014, 2014, 展覧会, 上野の森美術大賞展審査委員特別出品
  • 2014, 2014, 展覧会, 墨による現代表現作品展
  • 2015, 2015, 展覧会, 東京国際墨画展
  • 2015, 2015, 展覧会, 日中交流展/中国文化センター
  • 2015, 2015, 展覧会, 「北緯23度、北緯35度」展,東京藝大美術館
  • 2015, 2015, 展覧会, 個展、SHANBARA,gyarally,toky

受賞

  • 1992, 日本建築工芸協会賞

学外委員会等の委員

  • 長野県佐久市佐久彫刻シンポジウム実行委員会プロデューサー
  • 1997, 1997, 長野県川上村振興公社芸術プロジェクト委員会審査員長
  • 1998, 北御牧中学校建設委員会委員
  • 2001, 2001, 新潟県大島村教育委員会 芸術プロジェクト顧問
  • 2004, 2005, 「アート・ミーツ・アーキテクチャー・コンペテティション 2005展」審査員
  • 2010, 2012, 文化庁人材育成支援事業、審査委員
  • 2007, 2009, 上野タウンミュージアム実行委員長
  • 2010, 2012, GTS観光アートプロジェクト実施責任者
  • 2014, 上野の森美術大賞展審査委員
  • 2014, アートオリンピア実行委員
  • 2015, 枕崎国際芸術展審査員

公開講座、学外講師、講演

  • 2000, 2001, 東京都町田市立国際版画美術館ワークショップ ゲスト講師, 町田市立国際版画美術館/東京
  • 2002, 2002, 講演会、「景観と環境」, 伊那市
  • 2009, 2009, 講演会、「日本の現代美術」, 江西師範大学/中国
  • 2009, 2009, 河口プロジェクト、シンポジウム (DanielBuren 、Philippe Dagen、 Jean de loisy Richard Deacon 、Jimnie Durham 、 Tadasi Kawamata Jan Hoet 、Hoshina Toyomi ), フランス、ナント市
  • 2010, 2010, 「第1回STORY OF THE ILAND ART PROJECT」プロヂュース, 香川県小豆島
  • 2011, 2011, シンポジウム「伝統と現代」, 東京芸術大学美術学部中央棟第一講義室
  • 2011, 2011, 講演「社会と芸術」, シカゴ美術大学、USA
  • 2012, 2012, 講演「芸術と伝統について」, 長野佐久市
  • 2012, 2012, 「第2回STORY OF THE ILAND ART PROJECT」プロヂュース, 香川県小豆島

学内委員会等の委員

  • 2010, 4, 2013, 3, 企画・評価室
  • 2010, 4, 2013, 3, 国際交流室
  • 2011, 4, 留学生センター
  • 2010, 4, 学生支援室留学生部会
  • 2011, 4, 2013, 3, 美術学部運営委員会
  • 2010, 4, 2012, 3, 美術学部国際交流部会
  • 2010, 4, 2012, 3, 美術学部点検・評価委員会
  • 2011, 4, 2012, 3, 美術学部リサーチセンター運営委員会
  • 2012, 4, 2013, 3, 美術学部人事委員会

コメント

  • 私の作品は生活している日常から発生し、実在する物質と空間に身体が介在することで起こる場の意識を「ここにいる」という実感と「あそこにいる」という実感を共在させる中性的な場を現出させることにある。それは世界の中にある結界そのものを生きることになる。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.