詳細検索はこちら

久米 正吾クメ ショウゴ

所属部署名社会連携センター
職名特任講師
Last Updated :2018/06/22

研究者情報

教員基本情報1

  • 社会連携センター
  • 特任講師

生年月日

    1974, 9, 22

出身大学等

  • 1997, 3, 早稲田大学, 第一文学部, 史学科西洋史学専修, 卒業

出身大学院

  • 2001, 3, 早稲田大学, 文学研究科, 修士課程, 史学(考古学)専攻, 修了
  • 2006, 10, ライデン大学, 考古学研究科, 博士課程, 退学
  • 2009, 3, 早稲田大学, 文学研究科, 博士後期課程, 史学(考古学)専攻, 単位修得退学

取得学位

  • 修士(文学), 早稲田大学

職歴等

  • 2009, 4, 国士舘大学イラク古代文化研究所共同研究員
  • 2009, 4, 2011, 3, 早稲田大学比較考古学研究所客員研究員
  • 2012, 4, 2013, 3, 独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所文化遺産国際協力センター 特別研究員
  • 2013, 4, 2016, 5, 同センター アソシエイトフェロー(職位の名称変更)
  • 2015, 5, 早稲田大学東アジア都城・シルクロード考古学研究所 招聘研究員
  • 2016, 6, 東京藝術大学社会連携センター 特任講師

所属学会等

  • 日本西アジア考古学会
  • 日本オリエント学会
  • 日本考古学協会

研究活動4_研究業績

  • 2016, 12, その他, キルギスでアフガニスタンの文化財保護について考える, 単著, 久米正吾, ユーラシア研究, ユーラシア研究所・群像社, 55, 41-43
  • 2017, 1, 論文, 山岳地帯における遊牧社会の形成‐キルギス天山山脈域における青銅器時代考古学調査−, 単著, 久米正吾, 2016年度科学研究費基盤研究(B)海外学術調査「ユーラシア古代遊牧社会形成の比較考古学(課題番号:25300040)」論文集−, 平成25〜28年度科学研究費基盤研究(B)海外学術調査「ユーラシア古代遊牧社会形成の比較考古学」(研究代表者:大沼克彦), 31-41
  • 2017, 3, 論文, ユーラシア古代遊牧社会形成の比較考古学−キルギス、ナリン川流域での日本-キルギス合同考古学調査(2016年)−, 共著, 久米正吾・アイダ アブディカノワ・早川裕弌・宮田佳樹・金田明美・新井才二・大沼克彦, 平成28年度考古学が語る古代オリエント−第24回西アジア発掘調査報告会報告集−, 日本西アジア考古学会, 54-58
  • 2017, 3, 論文, Feasting with the dead on the Euphrates: Stable isotope analysis of carbonized residues on Early Bronze Age ceramics from the cemetery near Tell Ghanem al-‘Ali, 共著, Kume, S., Y. Miyata, and S. Kadowaki, Al-Rafidan, Institute for Cultural Studied of Ancient Iraq, Kokushikan University, 38, 95-100
  • 2017, 3, 報告書, Studies and safeguarding of cultural heritage in the Chuy Valley, the Kyrgyz Republic: Ak Beshim and Ken Bulun, 2011-2014, 共編, Yamauchi, K., B. Amanvaeva, M. Abe, S. Kume, H. Kansha, and M. Yamafuji (eds.), Institute of History and Cultural Heritage of the National Academy of Sciences, the Kyrgyz Republic, Bishkek/National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo

研究活動7_学会発表

  • 2016, 6, Miyata, Y., S. Kume, T. Chargynov, A. Abdykanova, T. Takahashi, S. Nagao, and K. Ohnuma, Radiocarbon data from archeological sites in Kyrgyzstan, Poster presented at the 8th International Symposium on Radiocarbon and Archaeology, The Royal College of Surgeons, Edinburgh
  • 2016, 9, Kume, S., Cultural significance of high-altitude zone in Central Eurasia in prehistory: a case study of the Tien-Shan Mountains, Paper presented at the 8th World Archaeological Congress, Doshisha University, Kyoto
  • 2016, 9, Hayakawa, Y., S. Kume, Y. Ara, and A. Abdykanova, On-site prompt acquisition and analysis of topographic data using a small UAS and GIS for archaeological field surveys: A case study in Issyk-Kul region, Kyrgyz, Paper presented at the 8th World Archaeological Congress, Doshisha University, Kyoto
  • 2017, 1, 久米正吾 キルギス、天山山脈を掘る(2013〜2016年), 2016年度中央アジア遺跡調査報告会, 帝京大学文化財研究所、山梨
  • 2017, 2, 久米正吾 中央アジア文化遺産関連事業の現状と課題-ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン-, 文化遺産国際協力コンソーシアム第24回東アジア・中央アジア分科会, 東京文化財研究所、東京
  • 2017, 3, 久米正吾・アイダ アブディカノワ・早川裕弌・宮田佳樹・金田明美・新井才二・大沼克彦 ユーラシア古代遊牧社会形成の比較考古学 -キルギス、ナリン川流域での日本-キルギス合同考古学調査(2016年)-, 平成28年度考古学が語る古代オリエント−第24回西アジア発掘調査報告会−, 池袋サンシャインシティ文化会館、東京


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.